• Shadow

軽くしたいなら、早めにカット☆

こんばんは☆ ずいぶん暑くなってきました。。。この頃は とにかく髪の量を減らしたい、とのオーダーが多いです。 さて、美容室用語でいうと、量を減らす→スク。ですが、 髪は、スキすぎたらどうなると思いますか???? 実は、収まりが悪くなります。 量がとにかく多いからガッツリ量を減らしたい。 くせ毛がひどいから 量を減らしたらうねらないのではないか??と思いがちですが、 髪の量は少し重さが残っているくらいがまとまりも収まりも良くなります。 理由は、 スイていくにつれて、カットラインが崩れるからです。 切りそろえた髪をイメージして下さい。 その髪をどんどん減らすと、切り口はスカスカになりますよね。つまり、収まりが良くなるようにカットしたはずのラインが スイた分だけ乱れるのです。 美容師さんにスイて下さい。とオーダーすると、減らすけど、結構控えめにスイていくと思います。これは カットラインを綺麗に残せるギリギリを狙うからです。 逆に、スイて得られるメリットもあります。 軽くなると、髪と髪の間に空気感が生まれるので、ふわっとした動きが出やすくなります。 ワックスなどで無造作に動かしたい方は 軽めにしてても良いかと思います。 しかし、はねやすい、生えグセがあるなどの場合は、イメージよりちょっと重いかな、、、くらいが収まります。 スイても良いですが、スキすぎには注意して下さい。 でも、、、夏は暑いし、やっぱり軽くしたい!!!!という方も多いかと思います。 この場合は、カットのスパンを短くしましょう。 スイて少なくなった毛先をこまめに切りそろえることで、収まりはカバーできます。 こまめにカットして揃えつつ、減らすようなイメージです。そうすると、多めにスイても 切り口は整い、お手入れはしやすいかな、と思います。 ちなみに、、、、スイて大丈夫なエリアと、スイたら確実にハネるエリアが 頭には存在します。。。。 ここは、美容師側の判断で、出来るだけ大丈夫なエリアを狙って減らしていきます。 量をガッツリ減らして軽くしたいんだーーーーー!!!!という時は、ぜひご相談下さい。 収まる範囲を説明しながら減らしていきます。 夏に向けて、お手入れのしやすい状態にしていきましょう☆ ゴールデンウィーク中も通常通りの営業となっております。 よろしくお願い致します。 ご来店、心よりお待ちしてます☆


53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示