• Shadow

市販のスタイリング剤とサロンのスタイリング剤の違い

こんにちは☆鹿屋市美容室シャドーです(^ ^) 今日は 市販のスタイリング剤とサロンのスタイリング剤の違いについて、私なりにご説明していきたいと思います。 ワックスやヘアオイル、バームやムースなど さまざまなスタイリング剤が存在しますが、 市販のものは安いものだと400円くらいで売ってます。 一方、サロン(美容室)のものだと、1000円以下の商品は無く ワックスだと1400円ほど、、、ヘアオイルだと3000円を超えてきます。 この価格の差や、使用感の差が知りたい!!!!とお客様から聞かれることが多いのですが、 私が思う1番の違いは サロンの商品は サロン専売品を作るメーカーさんが美容師さんの意見を取り入れて作っている商品なので、どんなお客様に、どんな髪型に合うスタイリング剤なのか明確に目的を持って制作されたものということです。 例を挙げると、乾燥して広がる髪質向け・癖毛と相性が良く 縮毛矯正をかけた後の髪の毛にベストなもの・ふわっとパーマのセットができるもの、もしくはしっとりとウエット感を出すパーマセット用・ 硬い髪を束感を出して動かすワックス・柔らかい髪にボリュームを持たせるワックスなど、、、目的が明確になっているものです。 一方、市販のものは 美容師さんのアドバイスは無く、店頭にあるものをお客様が選ぶ形になるので、ある程度の効果や向いている髪質の表記はあるかと思いますが、万人のお客様が使っても良いように設定して作られているので、大きな特徴がある製品はあまりないのではないでしょうか。。。 また、クリームやワックスの粒子の荒さも 市販のものは大きく違い、ワックスに関しては シャンプーしてもなかなか取れないものも多くあると思います。 トリートメント剤もつけないよりは手触りが良くなるかと思いますが、粒子が大きいため、髪の内部への浸透は弱いかと思います。 サロンの商品は 頭皮や髪への悪い影響が出ないような内容成分のもと、ワックスであれば1回のシャンプーで綺麗に落ちるものを。トリートメントではしっかり結果が出るように浸透力に優れたものを作っています。ここが価格の差として反映されているのではないかと思います。 ヘアオイルに関しても、最近ではご利用されているお客様は多くいらっしゃいますが、サロンのものは人工的なものや鉱物油などは使わず、天然由来の植物油で作られたものが多いので、安心してご利用頂けます。 とはいっても、、、市販のものが、ダメというわけでは無いので、自分に合うスタイリング剤が見つからない、、、といった際に、サロンにて、美容師さんと一緒に、どれが合うのか相談するという形で良いかとおもいます。 使うものに迷った時は、お気軽に相談して下さいね(^ ^) 皆様のご来店、心よりお待ちしてます★

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示