• Shadow

将来の夢が決まらない。。。美容師なんてどうでしょう?

おはようございます☆あっという間に1月後半、、、受験シーズン前にコロナも流行り緊迫した空気感になってます(T . T)

時期的なものもあるのか、この頃は 進路や将来設計に悩む学生さんや親御さんから相談を受ける機会が増えてきました。 ということで、、 今日は 美容師という1つの職業についてご紹介していきます。 美容師さんになるには 専門学校(定時か通信)のどちらかに通い、国家資格を取る。 サロンに勤めて アシスタント時期の下積みを積む。 スタイリストデビューする。 デビューしてからは経験を積み、務める形で将来を貫くか、独立して自分のお店を持つか。 大まかな流れはこんな感じです。 美容学校って 学費が高そう、、とよく言われますが、正直高いです。笑 でも私は通信制度の方で国家資格を取ったので、昼間は学校に通わずサロンで働き、夜に自分でテキストを見て勉強するという形を取ってました。通信は学費も安く、私の働くお給料の中から学費を払っていましたので 昼間の学校に通う定時制よりは学費の負担はあまり感じませんでした。 現場に出るのが早いので 技術を覚えるのも早く スタイリストデビューも割と早かったです。その点では通信制もおすすめです。

では仕事内容について。 手先が器用でなくても 美容師にはなれます。どちらかというと 器用かどうかではなく、 いかに上手くなるために時間をさいて勉強ができるかの方が大事です。ちなみに私は リボン結びもろくにできない不器用さんですが、美容師にはなれました。笑 もう1つ大事な点でいうと、目の前の人のために 全力が尽くせるか。これはすごく大事なポイントです。 誰かの髪を綺麗に整えて喜んでいただく。そのためには 目の前のお客様を好きになって、その人のなりたいスタイルを叶える為に日々努力する。この繰り返しなので、人のことを好きになれる気持ちが持てるかが大事かなと思います。 誰かに喜んでもらうことをするのが好き。そんな人は美容師さんに向いていると思います。 最後にやりがいについて。 髪を切って その後彼氏ができた。とか

この美容室に来ると 癒される。とか 髪はさておき、今日は喋りたくてきたよ。とか 髪型変えて気分が変わったから明日から頑張れる。とか そんな泣けてくるくらい嬉しい声が聞けるのがこの仕事です。

朝起きて 仕事に行きたいくないと思った日は 1日もありません。 毎日仕事をするのが 楽しみでしょうがないと思えるのがこの仕事です。 下積み時代は大変なこともありますが、 そこを乗り越えたら楽しいことばかりの仕事なので なりたい仕事が見つからない、何か資格が取れる仕事がいい。将来ずっとできる仕事って何かな?など 悩んだ時は 美容師という選択肢も良いかと思います。 是非 1つの職業として参考になれば幸いです☆ 本日も、皆様のご来店 心よりお待ちしてます。

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示