• Shadow

ヘアドネーションをするには、、、

こんにちは☆今日は 当店でも取り組んでいるヘアドネーションについてご紹介です。 ヘアドネーションとは、髪の毛を寄付するチャリティー活動になります。18歳未満の髪の毛について悩む子供達(無毛症や、小児ガンなどにより髪を失った子供)へ、無償でウィッグを提供する活動です。 当店もジャパンヘアドネーション&チャリティー(ジャーダック)の加盟店です。 毎月数名、ヘアドネーションのお客様がご来店されています。 今日は、ヘアドネーションをしてみたい、、というお客様に向けて ヘアドネーションに必要な内容をご紹介していきます。 まず、長さ。 31センチ以上の長さが取れれば、寄付は可能です。 ここで少し注意点があります。 ヘアドネーションは 寄付する部分を結び、その1センチ上をカットします。 結んでその上を切るので、切った後は結構短く感じる、、、というお客様も多くいらっしゃいます。  カット後のヘアスタイルが、肩くらいのボブや、顎より下のラインは残したい、、という場合は 目安としてお腹くらいの長さまで伸ばしていた方が、ヘアドネーションカット後も長さを少し残したヘアスタイルが楽しめます。もし、寄付で50センチ以上の長い髪を寄付したい場合は腰くらいまで伸ばしてからのカットが良いです。

次に、髪の状態について。 黒髪ではないとダメですか?とご質問を頂くことが多いのですが、寄付は、カラーをしていてもパーマをかけていても大丈夫です。 寄付した髪の毛がウィッグに加工される前に、色や形を綺麗に整え、加工します。この工程を踏むので、癖毛でも、パーマでも、カラー毛でも大丈夫なのです^ ^ 最後に、ヘアドネーションをする当日について。 ヘアドネーションは原則としてしっかり乾いた髪の状態でなければなりません。 湿り気があると、切り落とした髪にカビが生えることがあるからです。 当日は乾いた髪の状態でご来店頂くようにお願いしております。 ご来店いただいてからは、ヘアドネーションカット後のヘアスタイルを決めていきます。 そのヘアスタイルに合わせて 髪を結び、寄付の分の長さを取ります。 その後は通常通りのカットの流れで、シャンプーし、ヘアスタイルを作ります。 送る際についてですが、1年ほど前まではサロンからの発送ができていたのですが、チャリティーグループからの送り方の変更があり、現在は 発送がお客様発送に変わりました。 この送る時に 髪の毛がバラバラにならないように、チャック付きの袋に入れておくと良いようです。当店では大きめのジップロックをオススメしています。 袋をご持参いただくと、こちらでカットした髪の毛を お持ちの袋へお入れしてお客様へお渡し致します。 流れとしては、このような感じです。。 長ささえクリアしていれば、気軽に参加できるチャリティー活動となっております。 バッサリカットするご予定のお客様や、チャリティー活動に興味があるお客様、ぜひヘアドネーションへご参加下さい(^ ^)チャリティーの詳しい活動については ネットにて ヘアドネーションと検索をかけると本部のホームページが出てきますので、そちらをご覧ください。 なお、当店ではヘアドネーションをするからといって、特別な料金がかかることはありません。通常のカット料金にて施術可能です。カットのお時間については1時間半弱のお時間をいただいております。ご予約の際はお電話にてお願い致します^ ^ 皆様からの髪の毛の寄付で、一人でも多くの子供たちを喜ばせましょう☆ ご来店、お待ちしてます(^^)

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示