• Shadow

ノンシリコンについて

こんにちは( ^ω^ )先日、ドラックストアに行ってきてシャンプーコーナーをじっくり見てみた宮里です。 私、すごく気になることがあったんです。 多くの商品が、ノンシリコンを強く推していることを。笑 まるで、、シリコンが悪魔だと言っているように感じるほどでした。笑 最近こそ落ち着きましたが、ものすごくノンシリコンがブームになっている時期がありました。 みなさん、なぜそんなに シリコンを嫌がるのでしょうか。。。。 シリコンは決して悪いものではありません。 シリコンは安全性の高い人工合成オイルのことで、調理機器にも使われています。 そして、みなさん意外と気づいていないのですが、ノンシリコンシリーズと うたってあっても、ほとんどの製品が、シャンプーはノンシリコンでも、トリートメントにはシリコンが入っています。ごく稀に トリートメントもノンシリコンで作ってあるものがありますが、これは珍しいケースです。 当店で取り扱っているオーガニックフィルビータも、トリートメントの方にはシリコンが入っております。


みなさんはシリコンに対してどんな印象を持っていますか??


肌に刺激になる、というイメージが世間一般にはあるようです。


たしかに、シリコンは保護やコーティングの役割を担うので

毛穴を詰まらせてしまう可能性はゼロではありません。

そのようなトラブルを回避するために地肌に直接触れるシャンプーは、ノンシリコンで作られたものが多くなってきました。これは正常な地肌の新陳代謝を促すためとも言われています。


トリートメントに関しては地肌に直接つけて使うものでは無いので

基本的には毛穴を詰まらせる心配もありません。

なので、シリコン入りのトリートメントは多く存在します。



私は割と、シリコンが好きな美容師です。理由としては

髪の毛を保護し、コーティングしてくれるシリコン。

全く入っていないものだと髪がきしみやすくなったり、乾燥しやすくなります。 カラーやパーマをしている髪の毛であれば、シリコンが入っている方が絡まりを軽減してくれます。広がりやすい方も、シリコンが入っている方が、圧倒的にまとまります。ですので、シャンプーはノンシリコン、トリートメントはシリコン入りを使っちゃう。この形でいいのではないかと考えております。 たまにお客様から、シリコンが入っていると 髪を洗い流した時に体につくから、皮膚に影響がありそうで心配。。とご相談を受けることがありますが、、、

シリコンは酸素透過性が高いため、皮膚呼吸を妨げる心配はありません。(これは、最近読んだ形成外科の先生が書いた本にも書いてありました。) ですので、みなさん、シリコンにそんなに怯えなくて良いのです。 ただし、シリコンに対してアレルギーがあるという場合は、ノンシリコンのシャンプートリートメントを選んだ方が良いかと思います。 最近はネットで情報が簡単に入る分、間違った情報や、不安になる記載があったりして、使う物に皆さん敏感になっているかと思います。 ですが、世の中に出回る商品は、品質、安全管理の審査をクリアして商品化されているので 基本的には安心して使えるものばかりです。 美容成分や、使っているもので何か不安になることがあれば、何でもご相談ください。

詳しくご説明していきます( ^ω^ ) さて 今月、来月とご予約が埋まってきております。 忙しい中で申し訳ないのですが、11月10日は、翌日からの年末キャンペーンの準備がある兼ね合いで、早めの営業終了となります。ご理解のほど、お願い致します。 皆様のご来店、心よりお待ちしてます☆


53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示